学生マンションは通学やアルバイトに便利|普通の賃貸より充実してる

男性

覚えておきたい初期費用

集合住宅

賃貸物件を探しているという人の多くは初期費用のことが気になるでしょう。初期費用というのは賃貸契約を結んだとき、最初に支払う契約料や賃料、管理費などをまとめた言い方です。引っ越しをするときには引っ越し代や新しい家具、家電の購入費が必要になるので、なるべく初期費用を抑えたいと考えるでしょう。そんなときに便利なのが敷礼ゼロ物件というものです。敷礼ゼロというのは、初期費用のなかにある敷金と礼金がゼロ円になっている物件のことです。敷金というのは契約をするときに大家さんや管理会社に預ける非常時のお金のことです。これを使って破損した場合に修繕を行なうことができるのです。また、敷金は退去時のクリーニング代に使うこともできます。退去のときにクリーニング代を出すのが嫌だという人は敷礼ゼロの物件ではなく敷金がある物件を選んでおくといいでしょう。クリーニング代や修繕費を差し引いて余った場合は退去時に敷金が返金されます。ただ、トラブルになることも多いので契約のときに返されるかしっかり確認が必要です。揉めたくないという場合は敷礼ゼロの物件がいいでしょう。一方、礼金というのは大家さんや管理会社に契約のお礼金として支払う代金です。敷金と違い戻ってくることはないので、費用を抑えたい場合はここがゼロの賃貸物件を選ぶといいでしょう。この敷金と礼金は家賃の2ヶ月分ずつ請求される場合もあります。そうなるとそれだけで家賃の4倍の初期費用が必要になってしまうのです。敷礼ゼロの物件を借りれば、その分の費用を新しい家具や家電、または少し広い部屋を借りるなど他の部分に使うことができるのです。